イ・ドヒョン、コ・ミンシ、イ・サンイ、クム・セロク主演の「五月の青春」は、自身の最高評価を破り、別の成果を上げています。

視聴者数はゆっくりと着実に進んでいますが、KBSドラマは成長を見せ、新たな個人記録を打ち立てました。

「五月の青春」の視聴率は全国で4.3%回復

ニールセンコリアによると、「五月の青春」のエピソード8は、全国平均で4.3%、大都市圏では5.7%と、これまでで最高の視聴率となっています。



最新のエピソードの前に、メロドラマは6番目のエピソードで最高の視聴率を達成し、記録された平均は5.2%でした。

残念ながら、エピソード7では4.2%と5.0%にわずかに下落しましたが、エピソード8ではなんとか跳ね返りました。

KBSドラマの増加の中で、「ある日、私の家のサービス」は視聴率を維持しています。

ソ・イングク、パク・ボヨン、イ・スヒョク、カン・テオが出演するtvNドラマは、全国で3.343%の評価を維持しました。これは前のエピソードにほぼ近く、3.384パーセントです。

視聴率は徐々に上昇していますが、「ある日、私の家のサービス」と「五月の青春」の両方が、最も話題のドラマの最新リストに含まれています。

それはグッドデータが5月の第3週のトップドラマの要約を発表した後に来ました。

トップの座に着いたのは、tvNの2週間連続のファンタジードラマで、続いて「五月の青春」が続きます。

一方、最も話題のドラマキャストメンバーの1位と2位は、ソ・イングクとパク・ボヨンが所有していました。

一方、「五月の青春」のキャストであるイ・ドヒョンとコ・ミンシは、最も話題の俳優として5位と6位にランクされました。

続きを読む: 「五月の青春」が史上最高の視聴率を達成+「ある日、私の家にいる」を打ち負かす

「五月の青春」第8話ハイライト

昨年5月3日の初演以来、ソン・ミンヨプ監督、イ・カン作のメロドラマは、そのエキメロなストーリーとノスタルジックな雰囲気を特徴とする見事なビジュアルで波を立てています。

最近の「五月の青春」のエピソードでは、光州を離れて新婚旅行の家としてソウルに移ったファン・ヒテ(イ・ドヒョン)とイ・スリョン(クム・セロク)が登場しました。

Instagramでこの投稿を見る

A post shared by KBSドラマ (@kbsdrama)

これはすべて、子供たちが拒否したにもかかわらず、イ・チャングンの家族(オム・ヒョソ)との取り決め結婚を推進しているヒ・テの父、ファン・ギナム(オ・マンソク)によって指示されました。

治安部隊に拉致されたキム・ミョンヒ(コ・ミンシ)は、ファン・ギナムに息子に近づかないように脅された。

ソウルのファンヒテと一緒に、彼女は仕事と家事で忙しくしていました。

難しい決断にもかかわらず、彼女とファンヒテはお互いの幸福に利益をもたらす方法を分けることを選びました。

『五月の青春』第8話では、光州に戻ったキム・ミョンヒとファン・ヒテの感情的な再会も取り上げられた。

しかし、ミョンヒはヒテが彼女に近づくのを止めたが、彼は本当に彼女が恋しいと告白し、ミョンヒと一緒にいたかった。

「近づいてもいいですか、ミョンヒ?」ヒテは尋ねた。これを聞くとすぐに、彼女はまっすぐ彼のところに行き、しっかりと抱きしめました。

あなたがそれを逃した場合: 「五月の青春」ネタバレ:3回イ・ドヒョンとコ・ミンシの次のドラマシリーズは私たちの心をひらひらさせました



KDramastarsがこの記事を所有しています。

ゲカウィルズ脚本の作品