「月が浮かぶ川」第18話は、高句麗とギエル族の最も激しい戦いから4年後に起こった。 Go Won Pyo(イ・ヘヨン)はピョンガン王女(キム・ソヒョン)との戦いで亡くなりました。ゴーガン(イ・ジフン)がオンダル(ナ・イヌ)の母親を報復で殺害した。

新王ヨンヤンがゴーガン将軍に恨みを抱く

クォン・シヒ(写真:KBS公式Instagram)

ゴーガン将軍は酔っぱらいになり、彼の悲しみの心のために何年も家から出ません。ダルでは、戦争中に母親が宮殿で亡くなったため、宮殿を離れて山に永久にとどまることにしました。

その間、彼は王女を待ち望んでいた。



月が浮かぶ川(写真:KBS公式Instagram)

その間、ピョンガンは忙しくて占領し続けるために4年間で5つの戦いに行きました。何年にもわたって、彼女は勇敢で激しいままでした。しかし今回、彼の弟は彼らの人々を支配することになると彼女よりも強いです。彼の兄弟のヨンヤン(クォン・ファウン)は、高句麗の新たに戴冠した王です。

多くの人が彼の能力を疑った。以前は純粋で無実の皇太子が危険で復讐に燃える君主に変わっていました。

月が浮かぶ川(写真:KBS公式Instagram)

彼はゴーガンをターゲットにしています。何年も前にゴーガンが王室を裏切ったのは、ヨンヤン王にとってまだ鮮明でした。だからこそ、彼はその場所を支配するすべての力を持っているので、彼は家族にしたことに対してゴーガンにお金を払わせたいと思ったのです。

また読む:「月が浮かぶ川」が第49回国際エミー賞へのエントリーを確認

オンダルとピョンガンは何年も離れていた後に再会しました

月が浮かぶ川(写真:KBS公式Instagram)

愛は常にお互いに真に愛し合っている二人に戻ってきます。オンダルとピョンガンは悲劇のために涙を流し、距離を保ちました。それでも、彼らは夫と妻としての関係を再燃させるために再び会いました。

二人はまた一緒にいる機会がありました。ピョンガンは山の中のオンダルを訪れることにしました。彼女は彼が母親の死のためにまだ彼女に恨みを抱いていると思った。

驚いたことに、オンダルは我慢できず、暖かくてタイトな抱擁で王女を罵倒するために急いで行きました。

翌日、ピョンガンはゴーガンを見に行きました。彼女は彼に王のメッセージを伝えた。

いくつかの議論の後、ゴーガンは王女と対峙し、彼女が彼の父を殺したのかどうか尋ねました。ピョンガンは躊躇せずに真実を語った。

かつては友人であり、かつて愛していた女性が、彼が長い間悲しみと怒りの中で生きてきた理由であることを知って、それはゴーガンをさらに傷つけました。

Instagramでこの投稿を見る

A post shared by KBSドラマ (@kbsdrama)

あなたがそれを逃した場合: 「月が浮かぶ川」第17話:キム・ソヒョンとナ・イヌが混沌の中でお互いに慰めを見つける

『月が浮かぶ川』第18話を見たことがありますか?あなたはそれについて何を言うことができますか?コメントであなたの考えを私たちと共有してください!

K-Drama、K-Movie、有名人のニュースや最新情報については、Kiltandkeeleyでタブを開いたままにしてください。

Kiltandkeeleyがこの記事を所有しています。

シャイコリンズ脚本の作品