「リメンバー-息子の戦争」でユ・スンホは愛する人たちに手紙を残しました。

2月18日のSBS水曜日/木曜日のドラマ「リメンバー-息子の戦争」(脚本ユン・ヒョンホ、イ・チャンミン監督、ロゴスフィルム製作)の最後のエピソードでth、ナムグンミン(ナムグンミン演じる)は死刑を宣告された後、死を選んだ。

この日、ソ・ジンウ(ユ・スンホ演じる)はパク・ソンウン(パク・ソンウン演じる)に言った。人生は違いますが、二人の人生が考えられていたので、私たちは友情を持っています。

これで、Suh Jin Wooは言った、「私があなたを覚えていないなら、私があなたを知らないふりをしてください。あなたは私が覚えたくない思い出がたくさんある人です。」



その後、SuhJinWooとParkDongHoは記念館で会いました。 Suh Jin Wooは、「あなたは、角質の服を着た弁護士のPark Dong Hoでしたよね?」と言いました。パク・ドンホは、彼が尋ねたように、彼を知らないふりをした。それで、彼は言った、「私たちは同じ記念日を持っているので、私たちは数回お互いに会いました。」

その後、Suh Jin Wooは彼の記憶があったノートを燃やし、Lee In Ah(Park Min Youngが演じる)に手紙を残しました。

一方、「リメンバー-記憶の彼方-息子の戦争」は、複雑な殺人裁判で父親の無実を証明するために戦おうとする弁護士(ユ・スンホが演じる)を中心に展開する人間のメロディラマです。