JTBCのヒットドラマ「夫婦の世界」は、残りのすべてのエピソードを19以上に評価することを選択しました。これは、ドラマを視聴できる人が19歳以上であることを意味します。

「夫婦の世界」はほぼ完璧な夫婦ですが、愛と憎しみの旋風を含む裏切りと不貞のために崩壊しました。女優のキム・ヒエは、絵に描いたような平和な家族、愛情のある夫、そして良い息子を率いるように見える、ジ・スンウというかかりつけ医として描かれている主人公です。彼女の幸せに亀裂が生じ、すべてが崩壊し始めると、彼女の人生は変わり始めました。

シリーズの制作クルーは、昨年4月23日、4月24日に放送されたドラマの第9話から、第16話まで、フィナーレが19歳以上になるまで共有しました。



第1話から第6話までは深夜に固定されていたため、19歳以上の視聴者は少年保護法に基づいてシリーズを視聴できます。その後、第7話と第8話では、年齢制限を15歳以上に引き下げて視聴しました。

ただし、第9話からフィナーレまでのように、ドラマのリアルさを表現するために、レーティングを19以上に戻します。

制作クルーは、ターニングポイントを象徴するドラマの後半に、ジ・スンウとイ・テオ(パク・ヘジン)の心理的な戦いが再び激しく始まると説明した。接続されたキャラクター間の関係の変化とそれらの間の深い複雑さは、まったく新しい異なる状況に直面してさらに明らかになります。そして、キャラクターのエスカレートする対立をより現実的に把握するために、プロダクションは残りのエピソードを19+に評価することにしました。

制作クルーはまた、これまでの放送で提起された懸念に耳を傾け、残りの制作プロセスについて熟慮すると述べた。続いて、「夫婦の世界」を愛する視聴者の皆様に心より感謝申し上げますとともに、今後とも変わらぬご支援とご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

「夫婦の世界」の後半は、ハン・ソヒが演じるイ・テオの秘密の恋人が妻のヨ・ダ・ギョンになり、不安と嫉妬に満ちあふれ、さらに特別でドラマチックなものになるだろう。また、イ・テオは元妻のジ・スンウを精神的に拷問するためにいくつかのトリッキーな計画を立てています。

今日、4月24日午後2時頃。ドラマのキャストであるKSTは、JTBCドラマの公式YouTubeチャンネルで視聴できるオンライン記者会見に出演します。

次のエピソードは9回目で、今夜午後10時50分に放送されます。 KST。