「主君の太陽」キム・ヨンゴンとソ・ジソブはお互いの誤解を解き明かします。

9月11日、SBSドラマ「主君の太陽」の第11話では、ジュ・ジュンウォン(ソ・ジソブ)が父親(キム・ヨンゴン)と再会した。

JooJoongWonとTaeGongShil(Gong Hyo Jin)は、ジャイアンモールの死んだ大統領と彼の息子の間の誤解を解くのに役立ちます。その後、ジュ・ジュンウォンは、その日遅くにソウルに到着した父親を歓迎します。ジャイアンモール社長の幽霊と息子の再会に感動した後、ジュ・ジュンウォンの父親に対する態度は違う。



誘拐事件について、ジュ・ジュンウォンは「責任者はヒジュ(ハン・ボルム)だ」と語った。彼の父は、「あなたが誘拐されたと聞いたらすぐにネックレスを渡した」と答えた。

数え切れないほどの年の間、ジュ・ジュンウォンは彼の父が彼の誘拐犯に身代金を払いたくなかったので事故があったと信じていました。彼の父はまた、チャヒジュがまだ生きている可能性があると彼に言います。

ジュ・ジュンウォンはこう言っています。「万が一、私が怪我をすると思ったので、ヒジュにネックレスを渡したという事実を隠しましたか?それが何であれ、ヒジュがまだ生きているかもしれないとは信じがたい。

Gong Tae Shilと協力することで、Joo Joong Wonは警備員を失望させ、許しと理解をもって再び父親に門戸を開くことができました。