2014年に公開されるドラえもんの新作映画「スタンドバイミー」はドラえもんフランチャイズの最終話となり、新しい予告編が明らかにするように、「スタンドバイミードラえもん」はティアジャーカーであり、心温まる物語になるでしょう。誰もがきっと気に入るはずです。

有名なロボット猫ドラえもんが主演する最初の3DCG映画「StandByMeドラえもん」の公式ウェブサイトは、ドラえもんとのび太が静香との結婚式の前にのび太の人生にどのように参加するかを紹介する新しいティーザートレーラーをYoutubeにアップロードしました。



映画は、のび太を離れるドラえもんと、のび太がドラえもんを離れる方法に焦点を当てますが、ドラえもんの後ののび太の人生、人生の課題に対処するために勇気を奮い立たせる方法、そして映画がのび太と静香の結婚式を示すように彼が愛を見つける方法も紹介します同じように。

この映画は8月8日に日本の劇場で公開されます。

1969年に漫画家のデュオ、藤子不二子(藤子不二子と藤子不二子)がドラえもんを作成しました。物語では、ロボット猫は、少年の不幸な祖父のび太を助けるために、将来、少年から現在に送られました。ドラえもん、のび太などの子供たちは、日常の子供時代の問題に取り組み、ドラえもんの4次元ポケットにあるガジェットの問題を解決(および引き起こ)し、時間と空間を介して脱出に乗り出します。

49歳の山崎貴(リターナー、Always:サンセットオンサードストリート、バラード、宇宙戦艦大和)と48歳の八木竜一(ペネロペテテエンレアラインディレクター、もやしもん3D CGディレクター)がこの36日を迎えます日本初の長編3DCGアニメ映画「友達もののけ島のなき」とのコラボレーション後のドラエモン映画。山崎も脚本を書いた。