(写真:インスタグラム)
「大丈夫じゃなくても大丈夫」俳優のオ・ジョンセがムーン・サングテの描写について語る

「サイコだけど大丈夫」は2020年の最も成功したKドラマの1つです。ファンは、今年のすべての賞を受賞する可能性があるとさえ推測しています。同意しませんか?

世界中のファンがドラマに夢中になっているため、主演俳優とサポートキャストの努力は最終的に報われました。ショーが終わりに近づいても、ファンはまだもっと欲しいと思っています。メンタルヘルスの問題を取り上げたドラマシリーズはたくさんありますが、「大丈夫じゃなくても大丈夫」は、世界中の視聴者に意識を高め、ストーリーを伝えることができた数少ないドラマの1つです。

現在、多くの人がすでに自閉症に気づいていますが、それでも、自閉症の人を差別する人もいます。一般大衆は、自閉症が病気ではないことをまだ完全には受け入れていません。むしろ、自閉症スペクトラム障害は、子供の社会的スキルと行動に影響を与える状態です。



ドラマでムーン・サンテ役を演じるオ・ジョンセは、ムーン・ガンテ(キム・スヒョン)の兄であり、自閉症スペクトラム障害(ASD)で生まれた大人です。俳優は自閉症の素晴らしい描写をしました。そして、それは状態を持つことの挑戦を明らかにします。

先月のNetflixとのショーの記者会見で、オ・ジョンセは彼のキャラクターがキャストの彼の役割の認識にどのように影響したかについて答えました。彼はまた、彼は非常に用心深いとマスコミに語り、サンテを代表することについて多くのことを学びました。彼はキャラクターになりすますために一生懸命努力しましたが、それでも彼はそれにもっと一生懸命取り組む必要があると考えています。

(写真:インスタグラム)
「大丈夫じゃなくても大丈夫」俳優のオ・ジョンセがムーン・サングテの描写について語る

早い段階で尋ねられたとき、彼は自閉症に苦しんでいるキャラクターを描いていると言いました。今、彼は、サンテを代表し始めたとき、自閉症は病気ではないことに気づいたので、この用語を誤用したと言います。代わりに、それは何人かの人々が生まれてきたものです。

彼はキャラクターを熱心に研究しましたが、それでもサンテについてもっと知る必要があります。しかし、彼にとって、サンテの役割を果たしている間に彼が取り組む必要がある最も重要な側面は、キャラクターの無邪気さ、純粋さ、そして心のこもった性質です。彼には特定の特徴と行動がありますが、オ・ジョンセはサンテが魅力と無邪気さを醸し出していることを心に留めています。

オ・ジョンセが言ったことに多くの人が同意することができます。さらに、キャラクターは、自閉症は病気ではないことを俳優が理解するのを助けたので、誰もが彼らから逃げるべきではありません。これにより、プロデューサーは人々がオ・ジョンセと同じ認識を持つことを望んでいます。精神障害を持って生まれた人がいることを受け入れる方法を学ぶ必要があります。私たちがそれらを受け入れ、忍耐と理解を広げても害はありません。

一方、多くの人がこれを無視しているため、一部の有名な人々は精神疾患の擁護者です。多くの人々はまだ精神疾患を持つ人々を狂ったと考えています。このドラマを通して、精神障害者は判断よりも慰めが必要であることに気付くかもしれません。

8月8日と9日の午後9時30分KSTに「サイコだけど大丈夫」の最後の2つのエピソードをキャッチします。